不動産買取
とは何か

不動産の売却方法

不動産購入は決して安易なものではなく、購入の際には何度も足を運び、よく検討してからという人が大多数でしょう。そんな一生に一度の大きな買い物の不動産ですから、購入した時に、その不動産を手放すことを考える人はそういないでしょう。しかし、ライフスタイルの変化や経済状況などから、現在の住まいを売却したいというケースはよくあります。こんな時、一般的には不動産会社に相談し売却をしますが、売却には2つの方法があります。

1つは仲介での売却です。所有不動産の売却を不動産会社に依頼し、購入者を探してもらいます。そして成約した際には国土交通省が規定する仲介手数料が発生します。売却は購入者が見つかってからになります。

もう1つは買い取りです。購入者を探すのではなく、不動産会社が直接不動産を買い取りします。直接売買するので、仲介手数料は発生しません。購入者が見つかるのを待つ必要がないので、すぐに売却できます。

一般的に仲介よりも買い取りの方が価格は低くなります。仲介手数料が発生しないので、不動産会社は購入した不動産をリフォームするなどして付加価値を付けてから販売し、その差額を利益とするからです。しかし、仲介は購入者が見つからなければ不動産を売却できません。不動産の売却が計画的で、時間にもお金にも余裕がある方は仲介のほうがメリットはあるでしょう。もし急な事情で、すぐに不動産を売却しなければならない時や不動産の売却を知られたくない時に選択したい方法が買い取りです。

買取を選択する

不動産の売却方法で一般に広く知られているのが、仲介です。売却する際に最も重視されるのは価格です。仲介では希望価格で購入してくれる人が現れるのを待つことができます。よく不動産会社の広告で紹介されている物件に、現在居住中という内容・・・

>> 詳細はこちら

不動産買取会社の選択

不動産の買い取りをしてくれる不動産会社を探すのは難しいと書きましたが、やはり不動産会社を探す時には買い取りをしてくれるならどこでもいいのではなく、きちんと信頼でき、適正価格での買い取りをしてくれる不動産会社を選択することが大切です。今はインター・・・

>> 詳細はこちら

不動産買取の費用

不動産を買い取りで売却する時には、仲介で売却する時に発生する仲介手数料や広告費がかからないので、費用が仲介に比べて抑えられます。しかし、買い取りの際にも発生する費用や税金もあります。かかる費用はまず印紙代です。契約書に貼り付けます。代金は・・・

>> 詳細はこちら